忍者ブログ
     親や子や自分自身とのお付き合いから広がる世界
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「胸がはりさけそう」「腹が立つ」「頭にきた」「腰をすえる」

よくよく考えれば、感情というか精神状態を表す言い回しには、
元々、身体のどこかがどうにかなってるっていうのが多いんだな。

だって、気持ちは身体にあるものだから・・・って、「腑に落ちる」かな?

拍手[0回]

PR
例えば、長時間、こんなのを帳簿に写していると、ストレスを感じます。

デンワ 6,096
デンキ 6,906

子どもの読み間違いをしてしまうイライラ感が分かる気がします。

拍手[0回]

「麻辣醤」という花椒入り辛味調味料を中華屋さんから譲ってもらった。

エビと豆苗炒めにしたら、中華屋さんが「シブいっすね」と評価。
エビとネギと厚揚げ炒めは、「ネギと厚揚げの組み合わせが最高」。

今は、麻辣で大根とコンニャクを甘辛く炒め煮するのにハマっている。

拍手[0回]

不特定多数に向かって、ある子育て法や療育法を批判すれば、
その真偽に関係なく、必ずどこかの親子を傷つけているはずなのだ。

それこそ、また仲直りできるなら、節度ある批判は良いことだろうけど、
そっちをがんばってみても、現代の苦しい子育てを救う道はないと思う。

拍手[0回]

・・・とは言っても、幼児~学童期前半くらいの子どもが、
友達にひどいことを言われたという話を、非常によく聞きます。
優しい子は言い返さないようにして、その結果、
健気にも限界まで友達関係を守る・・・ということでしょうか。

拍手[0回]

言いたいことを言ってぶつかり合っても
また仲直りできるのが、昔の優しさだったが、
今の優しさは、言ってしまうと二度と仲直りできなくなるので、
人を傷つけるようなことは決して言わない、というものらしい。

拍手[0回]

こころ的に一緒にいるための一番簡単な方法は、
子どもの身体に触れていることだ。

意外にも、このとき、やみくもにおしゃべりしないほうが
一緒にいられるみたい。

拍手[0回]

あまり気付かないけど、家族が自分と一緒にいてくれるだけでも
大きな力になっているのだと思う。

ちなみに、場所的には一緒にいるけど
こころ的には一緒にいられないこともあるので、そこが難しい。

拍手[0回]

体調を崩しつつも旅をした。

自分がここにいると迷惑じゃないだろうか?という
つねに自分の中にある気持ちに気付いて、自分に優しくできたら、
他の人と心地よく接することができるみたいだった。

拍手[0回]

ありのままでいられない自分を
そんなんじゃだめだと、責めてしまうのはしんどいよ。

ありのままの自分でいられない、というのもありのままなんだな。
そんなんじゃだめだと責める自分も、ありのままなんだな。

拍手[0回]

最近のジャズで自分が面白いと感じる作品って
なぜかヨーロピアンなんだなあ、と思っていたら、
そもそも今のジャズはヨーロピアン全盛と言われていることを知った。

なぜ良いミュージシャンが突然、欧州に大量出現したのかは不明。

拍手[0回]

園服を着たお兄さんが、おむすびを見つけて「あった、あった」と言った。
するとベビーカーに乗った弟が、おむすびの方なんか向いていないのに
お兄さんに共鳴して「あった!あった!」と大きな声で言った。

弟は、その後、有意味語は発せず、絶えず陽気に発声を続けていた。

拍手[0回]

高校時代、実家から学校へは山道を越えて行かなくてはならなかった。
年に数回、いつもと違う道を行き、新しい早道を発見することがあった。

いまだに、その山中で新しい道を探している夢を見ることがある。
自分が抱えた問題への構え方を、通学で学んだ気がしてくる。

拍手[0回]

前進に必要な自己肯定のために発する「そのままでいいんだよ」

自己変革が不安なので発する「そのままでいいんだよ」
そばにいる人の進歩を恐れて発する「そのままでいいんだよ」
ただ何もしたくない気分だから発する「そのままでいいんだよ」

拍手[0回]

風邪をひいてました。

なかなか熱が下がらなくて、困った挙句、
自分の身体で試したところ、いちばん効いたのは
ミネラル補給のようでしたが、これ、科学的根拠はありません。

拍手[0回]

衆院予算委員会では、方言で発言してもまったく問題ないんだよ。

本来、言葉はどうやって親から子へ受け継がれてきたのか、
忘れていたことを、垣間見た気がした。

拍手[0回]

大抵、そのときに食べたいものは、
そのときの身体に必要なものだけど、
身体が酸性になっているときは、
身体に悪いものを食べたくなるという噂をきいた。

拍手[0回]

自分が今、最も食べたいものはなにかを、自分の身体にきいてみて、
感じているとおり忠実に、具体的な料理をつくれるのなら、
それは、すごい料理の腕でもあり、言語能力でもあるのでないか。

簡単にできるようで、意外に厳密には言語化できないよ、これ。

拍手[0回]

うまくいかないことをなくして、幸せになろうというのは現実的じゃない。

幸せになるには、うまくいかなかったときに湧き上がってくる
いろんな気持ちのすべてと、自分が優しく同居できるようになることを
目指せばいいのかな。

拍手[0回]

いつでも完璧にできるようになるまで教えようとすると、
「失敗をしちゃいけないよ」というメッセージを
いつのまにか子どもに伝えているような気がする。

失敗できなくなるのは、完璧にできないことより危険な気がする。

拍手[0回]

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
わかばルーム
性別:
男性
職業:
子育て・発達相談
趣味:
ジャズ・ミュージシャン
自己紹介:
「最長で4行」という鉄則を作者自身に課し、厳密に書かない代わりに、「読む人が自分の読みたい意味で読んで良い」という気分で書いている『日々わかば』です。やっぱり「意味は自分の外には無く、それぞれの人の内側にのみ生ずるもの」ということで合っているようなので。

「ことばと子育ての相談室 わかばルーム」HPのトップページに掲載したものからダイジェストでここに保存していきます。
最新TB
バーコード
カウンター
フリーエリア
P R
アクセス解析
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]